私たちの思う未来

私たちの思う未来

小さな声を政治の場に届ける

政治は、私たちの生活と直接つながっています。道路や街の整備、防災、安全な食料、労働条件、医療や介護、教育環境…。
私たち一人ひとりの「小さな声」がきちんと政治の場で取り上げられることが、より良い社会の第一歩です。
「小さな声」を政治の場に届ける方法を皆さんと一緒に考えていきます。

政治とくらしカフェ
弁護士など専門家との連携
政策形成の段階で、「小さな声」が反映される仕組みづくり

子どもが笑顔でのびのび育つ社会に

子どもたちが笑顔でのびのび育つ環境をつくることは、私たちみんなにとっても大切なことです。
子どもたちにとって、家庭が将来の不安もなく穏やかな安全基地であり、幼稚園や保育園が安心・安全な場で、学校がのびのびと学べる場である、そんな社会をめざします。

個性を大切にする教育
給付型奨学金制度
子どもの貧困を無くす
子ども虐待防止政策
保育士、幼稚園・学校教育の待遇改善

「あ政治真ん中

だれのこどももころさせない

「平和」とは、戦争のない社会ではなく、戦争のおそれがない社会だと思います。
自分の子どもたちだけでなく、同じ空でつながっている世界中の子どもたちにとって、平和な未来をめざします。

平和政策、憲法の価値を実現するための政策

みんなが自分らしく生きていけるために

自分らしい生き方は、一人ひとりの人生を幸せにします。女らしさや男らしさなどを押し付けられない社会、また、障がいがあっても無くても、若者も高齢者も、外国人も……、誰もが自分らしい幸せを追い求めることができる社会をめざします。

働く人々の生活と権利を守る政策
医療・介護・教育が連携し、多様な人たちが支え合える街づくり
男女共同参画社会の実現
食と環境の安全
原発ゼロをめざす
社会保障制度の充実